まじゃった。

みなさま、おはようございます、こんにちは、こんばんは!

にじいろスタッフなっつです。

お盆も終わり、夏も終盤に差し掛かりましたね~。あっという間!

今年の東北は雨が多く、肌寒い夏の日が多かった気がします。

そしてこっちの夏はあっという間。残りの夏をめいっぱい楽しみたいと思います。

今日はあけぼの北復興住宅での活動についてご報告したいと思います。

ここあけぼの北復興公営住宅は昨年の1月から活動を行っており、活動を続けて1年半くらいが経ちます。

活動当初は、誰が誰だか分からないことが多かったのですが、今は顔と名前が一致するようになりました。またこちらだけではなく、住民さんも「なっちゃ~ん!」と声をかけてくださいます。

でもここまでの関係になったのは1年以上を過ぎてから。何度も顔を合わせ、一緒に何かする時間を積み重ね、そして一緒にたくさん食べて(笑)

関係というものは簡単には作られず、ゆっくり時間を一緒に積み重ねていくことで本当の意味での「顔の見える関係」となっていくのだと学びました。

そんなあけぼの北復興公営住宅で、2回目の夏祭りが行われました。

しかしながら、お天気は雨。集会所には傘がずらっと並んでいます。

DSCN1451

 

昼には集会所に移動し、住民の皆さんと準備開始です。

ポップコーン、フランクフルト、そうめん、かき氷、水ヨーヨー、カラオケなどなどたくさんのお店の準備が着々と進んでいきます。

 

DSCN1426

DSCN1428

これらの準備は団地会・役員さんを中心に、何度も話し合いを重ねて今日に至ります。

皆さん段取りよく、いい匂いが集会所いっぱいに広がっていました。

DSCN1443

雨だったので、準備が一通り終わってから拡声器を使って団地内に呼びかけに回りました。

「みなさ~ん、こんにちは。あけぼの北団地会です。今日は夏祭りの日です。準備が整いましたので集会所までお越しください。足元が滑りやすくなっております。気を付けてお越しください。」

まるでウグイス嬢のような声で完璧に呼びかける住民さんに出番なしの私でした(笑)

この呼びかけによって住民の皆さんが続々と足を運んでいらっしゃいました。

夏祭りスタートです。

DSCN1480

カラオケで盛り上がる中、おいしい食事をみんなで食べます。

大人も子どももそれぞれが楽しそうに過ごしていました。

そして本日のメインイベント「スイカ割り」では、子どもも周りの大人も大はしゃぎ!

「右だよ右!」「お姉ちゃん、もっとしっかり持ちなさい!」「(棒が当たるから)さがらいんよーーー!!!」などなど子どもと大人の叫び声が混じり合います。

DSCN1490

 

1年前の夏祭りでは、子どもの参加はまばらだったのですが今年はたくさんの子どもたちの姿が見られました。復興公営住宅に住む子どもも、戸建てに住む子どもも、どちらも混じって同じ空間で楽しんでいました。

それに加えて大人たちが温かくその様子を見守っている姿はまさに「共存」。

こっちの言葉で、「まじゃる」とよく耳にしますが、まさに状態は「まじゃる」。

仮設住宅での活動の際には、仮設に住む子とそうでない子へのかかわりに違いが見られたこともありました。

時には「仮設の子どもだけにしてください」との声もありました。

でも、時間をかけてかかわっていくうちに住んでいる場所関係なく見守る環境が生まれていました。

復興公営住宅では、そんな仮設住宅での時間を経て今はそれぞれが手を取り合おうという空気感があります。

現在石巻では新しい地区が出来、復興公営住宅と周りの戸建て住宅とのかかわりが希薄だと言われていますが、少し希望が見えた夏祭りとなりました。

この夏祭りがきっかけに少しずつ関係が深まっていくといいなぁと思います。

なんてったって、関係作りに必要なのは何でもないような時間や一緒に何かをする時間の積み重ね、そして一緒に何かを食べること!(笑)

まさにこの夏祭りはその第1歩だと感じました。これからも活動を通してお手伝いできればと思います。

 

 

カテゴリー: にじいろ活動 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください