笑顔の花咲く春休み

~よっぱ報告~

 

終業式も終わった春休み。

今日の向陽町仮設団地には17人の子どもたちが

遊びに来ました。

集会室を開ける前から待ちきれず、長縄とびを始めた

女の子たち。

1年前、ピカピカの1年生になりたてだった頃は

泣きべそかくことが多かったみらいちゃんが、

何度縄につまづいてもへこたれることなく、みんなが部屋に

戻ったあとも八の字飛びを一人で

何度も繰返しては得意げな笑顔でもうすぐ2年生の貫禄を

見せていて、この1年間での成長の大きさを実感しました。

 

新年度に向けて、おんちゃんししょうは向陽小学校にご挨拶。

先生方のご厚意で校庭を使わせていただけることは

本当にありがたいことで、

今日も元気溢れる男の子たちは、校庭でおんちゃんししょうと

一緒にサッカー。

校庭で遊んでいた少数精鋭隊の5年生3人組と、

低学年から大人まで入り混じる6人の

にじいろチームの勝負は、13対12の大接戦の末、

惜しくも敗れましたが、また次回に向けて、

チーム力も鍛えていけるといいですね!

室内ではぶーちゃんと一緒にビーズのストラップ作り。

ビーズがみるみる間にもぎたての果実のように大変身!

「家族の分も作る!」と張り切って3つ、4つと夢中で

作り上げていました。

まっちーの隣では、オセロで盛り上がる男の子たち。

つっかに「おんぶして~!」と甘えるたかとくんは、

「いま何周か数えて!」とせがんでは37周も廻って

もらって満面の笑顔。

その傍らでは中学生の女の子がホワイトボードに

お絵描きをしてみたり、カプラで大きなタワーを

作ってみたり。

もうすぐ高校生のまいちゃんと、住民のOさん、よっぱは、

シュシュ作りをしながらいろいろなおしゃべりに

花が咲きました。

 

今日のボランティア参加者は30歳代4名&

新・高校生とあって、

全体的にのんびりゆったりとした雰囲気で、

にじいろクレヨンの時間がまるで大きな我が家のように、

ひとりひとりの子どもたちが寛ぎ、楽しむ姿が

微笑ましいひとときでした。

 

復興2年目のスタートとなる4月からは、

私も含めてボランティア側の活動頻度や

メンバーも変わりますが、

ここからが地域の力を発揮していくスタート地点。

様々な行政の制度等も切替となる時期で、

阪神淡路大震災の時にも3年目頃から「社会に忘れられた、

見放された」という孤独感を募らせた方々も

少なくないと聞きます。

 

被災直後の避難所時代から多くの困難と向き合いながら、

1年、2年と時間をかけて地域の方々との二人三脚で

築いてきた「にじいろクレヨン」という居場所を、

これからもずっと継続していけるように、

それぞれの立場で、様々な形で、ひとりでも多くの方々に

末永く共に歩んでいただけますように、と願ってやみません。

 

 

今日のボランティア参加者はおんちゃんししょう、

たっく、つっか、ぶーちゃん、まっちー、よっぱでした。

カテゴリー: にじいろ活動 パーマリンク

1 Response to 笑顔の花咲く春休み

  1. y.s のコメント:

    こちらでは、始めは集会室の中でひたすら発散していたようでしたよね。
    公園へ行くようになり、そして校庭をお借りできるようになり、お住まいの皆様とも交流が深まり。
    にじいろクレヨンの地道で継続的な活動が、地域の中で着実に広がって浸透していますね!
    春は新たな一歩が始まる季節、それも、これまでの歩みがあってこそなんだなぁ、と改めて思います。
    直接参加が難しい私も、私なりに関わっていきたいと思います。
    よっぱさん、ご報告ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください