蛇田北部2号仮設住宅にて活動

~ほなみん報告~

今日は蛇田北部2号仮設住宅にて活動しました。

集会所でやまちゃんの若かりしときのお話を聞いていると、

元気な足音とともに子どもたちが集まってきました。

 

まずは集会所で子どもたちと「KAPLA」という積木で

遊びました。

 

あやめちゃんの首まで来たね、あさとくんの胸ぐらいかな、と

積木タワーと背比べしながら積んでいきます。

どんどん積んでいくと子どもたちの頭を超えるほど高い

タワーができました。

もちろん、最後は一気に「ガッシャーン!!」

崩すのが一番楽しいんですよね(^^)

 

お外では、キャッチボールやなわとびで遊びました。

ほなみんのノーコン送球を子どもたちがナイスキャッチして

くれました。

ちょっと速い球を投げたり、転がしたり、上に高く投げて

みたりいろんな投げ方で遊びました。

 

 

今日はいつも向陽仮設団地での活動に参加してくれている

中学3年生のまいちゃんとるりちゃんも蛇田北部まで

遊びに来てくれました。よきお姉さんとして小学生の

女の子たちとたくさんお話をしていました。

 

外で遊んでいて驚いたのは、子どもたちの遊びの

レパートリーがすごく豊富だったことです。

大なわとびの縄一本だけでもたくさんの遊びができました。

なわとび、綱引きの他に、縄をゴールテープにしてかけっこを

したり、縄をヘビに見たててヘビさんのお散歩ごっこを

したり。柵に結び付けてコンパスみたいにしてどこまで

いけるか試している子もいました。

こんなにたくさんの遊びを、子どもたちが自分で発想して、

お友達やボランティアを誘って、やってみて、そして楽しい

時間を共有しています。

活動の中で子どもたちはいろんな経験をしているんだなと

改めて感じました。

 

 

今日もたくさんの笑顔が見られました。

楽しそうな子どもたちの姿が何よりうれしいほなみんでした。

 

カテゴリー: にじいろ活動 パーマリンク

1 Response to 蛇田北部2号仮設住宅にて活動

  1. y.s のコメント:

    KAPLAって面白そうな積み木ですね。今度はおんちゃんししょうの背の高さまでチャレンジ!とか(^^)
    キャッチボールは、だんだん投げる距離が長くなってきてるかなぁ。
    縄跳びの縄の千変万化には、驚きますよね〜。
    ちびっ子から、中学生のお姉さん、そして大人まで年齢が幅広いと、それだけいろんなバリエーションの遊びができそうでいいなぁ。
    ほなみんさん、ご報告ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください